第19回CDO Roundtableを開催

公開日:

2021年4月7日、一般社団法人CDO Club Japanは、第19回CDO Roundtableを開催しました。CDO Roundtableはデジタル戦略をリードするChief Digital/Data Officerの方々に招待制にてご出席いただく情報交換、ネットワーキングの場です。2017年6月から開催をしており、この度で19回目を迎えました。

今回のラウンドテーブルは、DXが生産性といった従来のICT化のテーマではなく、デジタル社会における価値創造へと認識が変わっていく中で、「デジタルで生み出す価値創造とは何か?」を主題にして議論を実施しました。

当日は、出光興産執行役員CDOの三枝幸夫氏、丸紅代表取締役常務執行役員CDIO及川健一郎氏、SOMPOホールディングス執行役専務デジタル事業オーナーグループCDO楢崎浩一氏より、それぞれの企業でのDXにおける価値創造の取り組みについて事例を共有をいただき、参加のCDOとともに活発な質疑と討議を実施しました。

まず最初の事例として、出光興産の三枝氏は、脱石油事業として新たに出光興産が着手する事業についてDXとの関連から説明をいただきました。
続いて丸紅の及川氏より、商社固有の組織構造から事業横断で価値創造を起こすための仕組みや取り組みをご紹介いただき、企業の総合的なシナジーを起こすDXの活動として参加のCDOと積極的な議論を実施しました。

最後に、SOMPOホールディングスの楢崎氏より保険の事業モデルを超えた新しい事業モデルへ変わるためにSOMPOホールデイングスが行っているDXの活動と合わせて具体的なPOCから事業化までの活動の方法についてご紹介いただき参加のCDOの皆様と積極的な意見交換が行われました。

今回は、SOMPOホールディングス、三井住友フィナンシャルグループ、中外製薬、丸紅、三菱UFJフィナンシャル・グループ、東京電力ホールディングス、出光興産、日揮ホールディングス、第一三共、IHI、野村ホールディングス、三菱マテリアル、パルコ、ミツカン、三菱自動車、東京海上ホールディングス、アサヒホールディングス、サンヨー食品、パナソニックコネクテリッドソリューションズ、アフラック生命、アライズアナリティクスよりCDOならびにDXに取り組む経営マネジメントの役職のみなさまにご出席いただきました。

ご出席いただいた皆様、誠にありがとうございました。引き続きCDO Roundtableの活動を続けて参ります。

-NEWS

Copyright© 一般社団法人CDO Club Japan , 2021 All Rights Reserved.