デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する意識調査を実施

公開日:2019年7月11日

報道関係各位
2019年7月11日

発信元:一般社団法人CDO Club Japan
150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
TEL:03-5456-7946(9時-18時) FAX:03-5456-5511
HP:https://cdoclub.jp/

自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進まない理由は?

■「経営者の知識・理解不足」という理由が、回答の中で43.5%と最も多い。

■続いて、「技術に対する知識を持った人材の不足」が29%、「推進する能力のあるリーダー(CDO)の不在」が24.7%、「中堅社員の理解・知識不足」が16.7%という結果となった。

 

一般社団法人CDO Club Japanは、2019年4月にデジタルトランスフォーメーション(DX)に関する調査を実施いたしました。

「自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進まない理由は?」という質問に対して、694件の回答を得ました。以下の割合は、694件の回答を494名の回答者から取得し回答割合を算出したものです。

「自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進まない理由は?」という質問に対して、「経営者の知識・理解不足」という理由が、回答の中で43.5%と最も多く、続いて、「技術に対する知識を持った人材の不足」が29%、「推進する能力のあるリーダー(CDO)の不在」が24.7%、「中堅社員の理解・知識不足」が16.7%、「既存で有するシステムやデータが分散」が15.2%、「現在の組織の目標や割合のGAP」が10%という結果となりました。

回答者の多くが、企業の決定権を持つ経営者や、各事業部の裁量を持つ中堅社員がデジタルトランスフォーメーション(DX)に関して十分に理解していないことが取り組みにブレーキをかける要因であると回答しており、実際、国内で早い段階からデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するCDO(最高デジタル責任者/最高データ責任者)を設置した株式会社三菱ケミカルホールディングスやSOMPOホールディングス株式会社の経営者は、環境の変化に危機感を感じ設置を急いだ背景があります。事業の再定義は組織の体制や組織文化の変革も意味し、この変革に向き合い、勝ち抜くための戦略を実行していくことの必要性を認識した経営者が率いる企業では、推進を進める能力のある人を設置し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めております。

このように理解の不足や人材の確保がデジタルトランスフォーメーション(DX)を阻害する要因として多くの方が認識していることから、弊団体としてもこの課題にアプローチしていきたいと考えており、今月19日(金)に株式会社日本ビジネスプレス社が主催するDigital Innovation Forum 2019 <夏>〜デジタル変革によるイノベーションの実現〜に後援しています。デジタルトランスフォーメーション(DX)の本質とデジタル人材の育成と確保に関してディスカッションを行います。明日からの自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に役立てていただける充実したプログラムとなっておりますので、この機会にぜひご参加ください。

イベントの概要はこちらよりご確認ください
https://jbpress.ismedia.jp/ts/seminar/20190719/

詳細については以下お問い合わせフォームよりご連絡ください。
https://cdoclub.jp/contact/

 

本内容に対するお問い合わせ

一般社団法人CDO Club Japan
運営事務局
TEL:03-5456-7946 (9時-18時)
FAX:03-5456-5511
メールアドレス:webmaster@cdoclub.jp

-NEWS, プレスリリース
-,

Copyright© 一般社団法人CDO Club Japan , 2019 All Rights Reserved.