第14回CDO Roundtable

公開日:

2019年10月9日、一般社団法人CDO Club Japanは、第14回CDO Roundtableを開催しました。CDO Roundtableはデジタル戦略をリードするChief Digital/Data Officerにご出席いただく招待制の限定的な情報交換、ネットワーキングの場です。2017年6月から開催をしており、この度で14回目を迎えました。今回はSansan株式会社協力のもとで開催いたしました。

今回のラウンドテーブルではデジタル時代のデータ活用に取り組む全ての企業にとって課題となる「データ統合とガバナンス」をテーマとして活発な意見交換が行われました。

議論に際して、三菱UFJフィナンシャルグループの最高データ責任者である安田裕司氏より同社のデータ統合の整備の経緯からガバナンスの体系などの具体的な内容の共有と現時点の課題について紹介いただきました。

その上で参加の各企業のCDOからは各課題に対する議論や各社の取り組みの紹介を行いデータ活用に対する方向性について活発な議論が行われました。

また、後段の懇親会を含めたカジュアルワークショップではSansan株式会社より「名刺データの取り込みと活用におけるAI技術」の切り口で同社が創業以来取り組んできた画像AIや人脈分析のアルゴリズムについて紹介いただき、AIを含めたデータ活用と新しいビジネスの可能性について、討議意見交換を実施いたしました。

今回は、三菱UFJフィナンシャルグループほか、富士フイルム、ブリヂストン、味の素、パルコ、アイフル、三菱自動車工業、東京海上ホールディングス、三井物産、丸紅、東京電力ホールディングス、資生堂、サンヨー食品よりCDOならびにDXに取り組む経営マネジメントの役職のみなさまにご出席いただきました。

ご出席いただいた皆様、誠にありがとうございました。引き続きCDO Roundtableの活動を続けて参ります。

-CDO Roundtable

Copyright© 一般社団法人CDO Club Japan , 2019 All Rights Reserved.