データの湖、分析、AI…CDOサミットinトロントで議論しましょう

公開日:

サミットでは、イノベーションのためのデジタル、データ、分析などを含むテーマについて扱います。 データについては当日の第二部において主に議論されるテーマであり、ManulifeのEVP & Chief Analytics Officerを務めるCindy Forbes氏に“Manulifeの分析の旅”をテーマに講演していただきます。

Manulifeは18か月前に企業の部門を超えたアナりティクスチームを発展させ、企業のデータと分析の戦略を策定するためCAOのポジションを創設しました。Forbes氏は分析の旅について彼女の経験を共有します。

次に注目したいのは、“いかにデータの湖から価値あるものを見つけ出すのか”をテーマとしたパネルディスカッションです。モデレーターはThomson Reuters のWaterloo地区担当でThomson Reuters Labs のディレクターであるBrian Zubert氏が務め、Hortonworks のソリューションエンジニアリングにおけるディレクターであるDmitry BaevとThomson Reutersの新規データサービス部副代表のVsu Subramanianと共に議論します。パネルディスカッションでは、分析と新規製品の開発のために時間とコストの削減をするためいかにデータの湖が手助けをするのか、について話し合います。

ランチの後は、AllSight のCEOであるDavid Corrigan氏が“なぜ現状維持は十分ではないのか。顧客についての再認識の必要性“について講演します。彼は顧客体験を分析しオムニチャンネルをパーソナライズするためいかに現代のビッグデータを活用するかについて、説明します。

また、午後には、トロントにおいていかに競争力があり世界に通用するAIを開発するか”についてパネルディスカッションを行います。ここではFaktory VenturesのパートナーであるCandice FaktorとLayer6のCEOである Jordan Jacobsが議論します。 また、Zetta Venture Partnersのマネージングディレクターである Ash Fontana氏によるキーノートスピーチ"AIをあなたの組織に導入するタイミング"も行われます。ぜひお楽しみに。

-NEWS

Copyright© 一般社団法人CDO Club Japan , 2018 All Rights Reserved.