CDOとは何か?

CDO = Chief Digital/Data Officerという考え方

CEO(最高経営責任者)やCTO(最高技術責任者)という役職には馴染みがありますが、CDO(Chief Digital Officer=最高デジタル責任者・Chief Data Officer=最高データ責任者)という役職は日本ではあまり馴染みがありません。

今⽇、企業におけるデータの利活⽤、そしてそこにデジタルテクノロジーを組み込んだビジネス戦略や組織変⾰が、 競争⼒を左右し始めています。 昨今の急激なデジタル化が、企業に変⾰(デジタルトランフォーメーション)の潮流をもたらし、経営陣・マネジメント層は、⾃社の企業戦略の中に『デジタル戦略』を組み込み、社内環境や風⼟を変え、 顧客への新たな価値提供に寄与する変化を導くことが、必要不可⽋な役割になってきました。

CDOとは、AI、ロボティックス、IoT、デジタルマーケティング、ドローン、ビッグデータ等を有用に活用し、日々変化し続けるテクノロジーと消費者の行動に迅速に対応し、 幅広いデジタル戦略を統括、組織を横断して改革を推進する統括責任者の総称です。

投稿日:2017年4月26日 更新日:

Copyright© 一般社団法人CDO Club Japan , 2018 All Rights Reserved.